理論や理屈や空論ではない成功説明書!1ヶ月後にはほったらかしで月20万円を生み出す資産を持ったことになります。





フォークソングアーティスト>吉田拓郎

フォークソングアーティスト吉田拓郎

吉田 拓郎(よしだ たくろう、1946年4月5日 - )は、鹿児島県大口市生まれ広島市南区西霞町育ちのフォークシンガー。

日本のフォークシンガーソングライターの草分け的存在で、当時まだまだマイナーな存在だったフォークとロックを一気に日本の音楽シーンのメインストリームに引き上げ、また大規模ワンマン野外コンサート、ラジオの活性化、コンサートツアー、プロデューサー、レコード会社設立などのパイオニアとして、日本のポピュラーミュージック史における重要人物のアーティストの一人である。

フォークソングアーティスト吉田拓郎のプロフィール

フォークソングアーティスト吉田拓郎ベストランキング1
フォークソングアーティスト吉田拓郎ベストランキング2
フォークソングアーティスト吉田拓郎ベストランキング3
フォークソングアーティスト吉田拓郎ベストランキング4
フォークソングアーティスト吉田拓郎ベストランキング5



Wikipedia吉田拓郎を引用 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E6%8B%93%E9%83%8E#.E4.BD.9C.E5.93.81.E3.83.AA.E3.82.B9.E3.83.88

フォークソングアーティスト>吉田拓郎

フォークソングアーティスト吉田拓郎のプロフィール

1960年代

鹿児島県大口市生まれ。幼少期から体が弱く、家にいる事が多かった拓郎は母に本を買い与えられていたが、音楽に興味を持ったためウクレレを買ってもらい音楽を始めたそうです。

1962年、皆実高校に入学し、級友とトーン・ダイヤモンズという、インストゥルメンタルバンドを結成。ウクレレのパートを担当した。 高校2年の時、拓郎の家に下宿していた広大生にクラシック・ギターを教えてもらう。

曲作りで最も影響を受けた曲としてパーシー・フェイス楽団の『夏の日の恋』とボブ・ディランの『風に吹かれて』を挙げている。1964年、バンドはビートルズの影響を強く受け、ビートルズのコピー専門となった。バンド名も「プレイボーイズ」に変更。

1965年、広島商科大学に入学しカントリー&ウエスタン部に入部。中学の同級生と新たに「ザ・バチュラーズ」を結成。ドラムスを担当。 同年秋、広島平和記念館(広島平和記念資料館の東側)で行った初コンサートが成功に終わる。ビートルズのコピー他、オリジナル曲も演奏した。 気を良くしメンバーと上京し渡辺プロダクションに売り込むが、相手にされなかった。

1966年、カレッジフォークブームを受け、バンド活動と平行してソロでフォークスタイルの活動を始めた。 同年ソロでコロンビア主催のフォークコンテストに出場。自作曲『土地に柵する馬鹿がいる』を針金を曲げて作った手製のハーモニカホルダーと改造した12弦ギターで歌う。この曲は4分の5拍子の変拍子として有名なデイヴ・ブルーベックの「テイク・ファイブ」のリズムパターンをストロークを切りながら歌ったもの。 すると「平凡パンチ」に「和製ボブ・ディラン」と紹介され広島では有名人となる。

1967年、4人グループの「ダウンタウンズ」を結成。ギターとボーカルを担当。 広島市内のカワイ楽器を練習拠点にし定期的にここでコンサートを開いたほか、ビアガーデン、海の家、米軍岩国基地などで演奏した。同年、広島見真講堂で開かれた第2回LMCで中国地区優勝。この時演奏した一曲『好きになったよ女の娘』は後の『たどり着いたらいつも雨降り』の原曲。 翌年1968年も同大会に出場、全国4位となった。この頃から全国的にも知名度を上げていった。この年の春、広島の3つのフォーク団体が、アマチュアフォークサークル「広島フォーク村」を結成。拓郎は顧問として参加。ファンだった岡林信康の「私達の望むものは」に感動はしたが、「私達は、と言えない。俺は俺っていう歌を作りたい」と「イメージの詩」を作る。

1970年代

1970年、エレックレコードと社員契約した拓郎は「ダウンタウンズ」を解散、大学を卒業した同年3月上京。またCBSソニーに就職が決まっていた伊藤も拓郎と行動を共にし、エレックと社員契約し上京した。しかし、エレックは元々英会話レコード等の通信販売の会社で、社員は6人ほどで、たくろうとの契約は、アーチストでは無く月給制の社員契約だったようである。同年4月、最初のユーゲント盤からシングルカットした「イメージの詩 / マークII」をリリースしソロデビュー曲となった。自らのレコードの梱包作業を行い、トラックに積み込んでレコード店を回り、さらに店頭で歌うキャンペーンもこなした。またプロモーション活動のため幾つかテレビにも出演した。

1971年4月、シングル「青春の詩 / とっぽい男のバラード」発売。7月には、「今日までそして明日から / ともだち」発売。

翌年1972年1月、当時はまだ新興だったCBSソニーに完全移籍。同時に発売したシングル「結婚しようよ / ある雨の日の情景」は、前シングルの「今日までそして明日から」に続きCBSソニーからのリリース。「結婚しようよ」はオリコンチャート3位を記録し、40万枚以上を売る大ヒットとなった。“僕の髪が肩までのびたら結婚しよう”と言う男側からのプロポーズソングなど斬新なものであった。また、学園闘争の敗北や、アメリカのヒッピー文化、フラワームーブメントが、日本に飛び火した時代を反映したものであることも、インパクトを与える一因であったと言われる。この曲を境にフォーク・ソングから「ソング」が落ちて「フォーク」と呼ばれるようになったといわれる。拓郎はこの大ヒットで甘いマスクも手伝い、人気を得て“フォークのプリンス”などと騒がれ、若い女の子が会場を占拠した。黄色い声が飛び交いGSブームの再来のようだったといわれた。

1972年6月、四角佳子と軽井沢で式を挙げた。

同月、シングル「旅の宿 / おやじの唄」発売。これも60万枚を売りオリコン1位を記録。7月、シングルとは別ヴァージョンの「旅の宿」を含むアルバム『元気です。』をリリース、これも大ヒットを記録。オリコンアルバムチャートで13週連続1位を記録しアルバム・セールス時代の先鞭をつけた。構成曲は「春だったね」「加川良の手紙」「旅の宿」「せんこう花火」「夏休み」「馬」「高円寺」「りんご」「祭りのあと」等。歌いたい事を自由奔放に歌うという構成のアルバムは当時まだ珍しかった。「たどりついたらいつも雨降り」はこのアルバムの他、モップスのアルバムに鈴木ヒロミツのヴォーカルで収録されている。

1972年10月、シングル「おきざりにした悲しみは / 花酔曲」発売。又、この年松竹映画・斎藤耕一監督、高橋洋子主演、秋吉久美子のデビュー作『旅の重さ』の音楽を担当。この映画で「今日までそして明日から」が好評であった。

1974年、この年は松山省二、浅田美代子、小柳ルミ子らに楽曲を提供。12月31日大晦日、「襟裳岬」が日本レコード大賞受賞。たくろうは授賞式にジーンズで登場した。

1975年、CBSソニーのよしだが、ポリドールの井上陽水、エレックの泉谷しげる、ベルウッドの小室等と共にフォーライフ・レコードを発起した。

1975年8月2日、3日、静岡県掛川市のつま恋多目的広場でオールナイトコンサート「吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋」を敢行。

1975年9月、フォーライフ・レコードからの初のシングル「となり町のお嬢さん」発売。この年には他人への提供曲に多くのヒット曲を残した。かまやつひろしのアルバム『我が良き友よ』のタイトル曲は70万枚の大ヒット。他に「いつか街で会ったなら」 / 中村雅俊、「歌ってよ夕陽の歌を」 / 森山良子、「あゝ青春」 / トランザム、「風の街」 / 山田パンダなど。「いつか街で会ったなら」は中村雅俊・松田優作主演の刑事ドラマ『俺たちの勲章』のエンディング曲。「風の街」はTBSのドラマ『あこがれ共同隊』の主題歌。このドラマは原宿表参道を舞台とし、拓郎の「ペニーレインでバーボン」に歌われた喫茶/パブ「ペニーレイン」も実名で登場。出演は郷ひろみ、西城秀樹、桜田淳子、浅田美代子ら当時の人気アイドルや拓郎、南こうせつなどニューミュージック系のアーチストが多数出演した人気ドラマである。

1976年3月、シングル「明日に向かって走れ / ひとり思えば」発売。月、アルバム『明日に向かって走れ』発売。オリコン3週連続1位。11月、拓郎の発案で小室ら4人のオムニバスアルバム『クリスマス』発売。

1979年、7月26日から27日にかけて愛知県篠島を借り切ってオールナイトコンサート。ゲストに小室等、長渕剛を迎え、2万4千人を集めた。

1980年代

1981年4月、資生堂に起用されタイアップ曲「サマーピープル」を発売。

1982年、武田鉄矢が原作・脚本・主演した映画『刑事物語』の主題歌を依頼され、全編広島弁の「唇をかみしめて」を発売し話題を呼んだ。この年は精力的にツアーをこなし同年7月、日本武道館で行われたコンサートを収録した『王様達のハイキング・イン・武道館』を発売。

1985年、10年ぶり二度目のつま恋"ONE LAST NIGHT IN つま恋"。同年、映画『幕末青春グラフィティRonin坂本竜馬』に高杉晋作役で出演。「吉田拓郎は高杉晋作でしょう」と武田鉄矢たっての希望に応えての出演だった。

1989年、東京ドーム公演。

1990年代

1993年4月から1年間に渡り「地球ZIG ZAG」(毎日放送製作・TBS系列)の司会を務めた。

1994年に紅白歌合戦に初出場(曲目は「外は白い雪の夜」)。

1996年10月からフジテレビ系列の深夜番組、「LOVE LOVEあいしてる」にレギュラー出演。若い頃は「テレビ大嫌い」で有名だった拓郎がテレビに出演する事に世間の注目を集めた。

2000年代以降

2006年9月23日。31年ぶりにつま恋でかぐや姫とのコンサートを開催。

Wikipedia吉田拓郎を引用 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E6%8B%93%E9%83%8E#.E4.BD.9C.E5.93.81.E3.83.AA.E3.82.B9.E3.83.88











広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。